ホンダ フリード スパイクで車中泊ができるのは本当のフルフラットが簡単にできるから

スポンサードリンク

ホンダ フリード スパイクがどうして車中泊に最適化と言い続けているかというと

運転しやすいコンパクトなサイズなのにフルフラットで寝れる空間をシートを倒して
簡単に作れる事につきます。
工夫要らずでフルフラットな空間を作れるのは、かなりの利点です。
シートを倒してニトリの安い布団を敷けばコストパフォーマンス抜群の車中泊が出来る車が出来ますね。

ホンダの車は車中泊を意識しているのか、フルフラットになる車が多いですね。

ほかの車はやや段差があったり、奥行きが足りなかったり
フリード スパイクのライバルにあたるシエンタはそのままでは車中泊は無理だし
シャトルのライバル、カローラ フィルダーはフルフラットにはやや追いつかない傾斜が出来てしまいます。

もちろん家族構成によってはホンダ フリード スパイクでは小さいという方もいらっしゃいますでしょうし
そんな時は、ホンダ ステップワゴンを選びましょう。ただしシート倒してフラットな空間を作っても
段差が出来てしまうので工夫が必要です。
車中泊の出来る車を求めて、新型Hondaステップワゴンを見学してみた。

僕の家族構成は3人です(僕、奥さん、子供)

お出かけしてちょっとした車中泊をするのでしたらフリードスパイクは抜群にちょうどいいです。
奥さんもこのサイズでしたら安心して運転出来ると思いますので。

あとちょっと待てば新型のフリード スパイクが出るという話も聞きますね。
待って新型を買うもよし、今のうちに熟成されて性能的にも安定しているホンダ フリード スパイクを買うもよし。

僕でしたら、どっちを買っても後悔はしないでしょう。
足りないのは、購入資金だけです。

スポンサードリンク