車中泊で使うマット、デコボコを平らにして快適に出来るアイテム
車の中に快適なベッド空間をつくるのに、

前回の書き込みではタイラー君とマットレ君をご紹介しました

でも、マットレ君とタイラー君の欠点は収納が大変だという事。
車の中で快適に車中泊をしたいとしても収納できる個所が限られているので

マットがコンパクトにしまえないのは場所がなくなって少し不便です。

スポンサードリンク

と、なると収納できるくらい小さくなって場所も取らずにベットマットとして快適に使えるマットは無いかなと思ってみましたが
世の中便利なものがあるものです。

車中泊専用のグッズ販売店のオンリースタイルに該当のマットがありました。

車中泊専用のグッズ販売店のオンリースタイルに該当のマットがありました。
車中泊専門店オンリースタイル

オンリースタイルで扱っているマットの厚さが実は10cmある珍しいタイプなんです。
通所はだいたい8cmですねこの2cmの差は大きいです。

通常は巻いた状態で収納スペースも少なくて済んで、
ワンタッチで空気が自動で入ってあっという間に10cmの暑さのマットになります。

このマットの特徴は弾力があるのでデコボコの部分に依存しない強度もある事です。
マットを敷いてもデコボコにならずに平らな状態をキープしたままなので
寝ているときも快適です。

この手のタイプの空気が自動で入るマットは他にもたくさん存在しています。
ただし他のマットとオンリースタイルの扱っているマットとの差は

デコボコなシートにおいても段差を吸収して平らなマットをキープしてくれている点が
大きなさです。

他のマットはだいたい8cm位の厚さがほとんどで、この2cmの差と強度が合わさって
ほとんどのマットがシートのデコボコに沿った形に変形してしまいます。

ではオンリースタイルのマットが一番良くてマットレ君やタイラー君はいた無いんじゃないか
と思われるかもしれません。

でもオンリースタイルのマットにも欠点はあります。
マットの面積がやや少ないという点です。
2枚つなげて広げる事も可能ですが、やはり繋げてマットの部分は
やや硬くなって寝がえりをうつとマットから飛び出してしまったりして
眠り辛いシチュエーションも発生してしまいます。

その点、マットレ君はダブルベット並みの広さを再現出来ているので
多少の寝がえりや寝像の悪さでマットから飛び出すなんてことはまずないです。
何処で寝ても快適になってます。

収納しやすいけどややマットの面積が狭い車中泊専門店オンリースタイル
のマットが良いか?

収納はかさばるが広々なフラット空間が作れるタイラー君 & マットレ君がいいのか
シートのデコボコを解消する、タイラー君

ぼくなら収納面を重視して車中泊専門店オンリースタイル

のマットを使いますね。

もともと長時間寝るような車中泊派していないので
シートをリクライニングして寝るより、足を伸ばしてゆっくり寝てるマット
しかも収納に困らないサイズにたためるのが僕にフィットしています。

スポンサードリンク