車中泊におすすめのサービスエリアの条件とは
キャンプも出来る車中泊におすすめのサービスエリア
車中泊の定番と言えばサービスエリアや道の駅などありますが
ではサービスエリアで車中泊をするときに注意すべき点は何かというと
やはり寝るのがメインになるので騒音は絶対に避けたいところです。

スポンサードリンク

快適な車中泊を妨げる騒音のもとになるものってなんでしょう?

まずは高速を走っている車の騒音
サービスエリアなの脇は高速があります。
もちろんものすごいスピードで車は走っていますね。
近年消音化が進んでいるとはいえ猛スピードで走っている車が静かなはずはないです。

高速道路のレーン近くは避けたほうがいいですね。

他にも車中泊を妨げる騒音の元ってあるのかな?

他の騒音、やはりトラックや、バスなどのディーゼルエンジンはうるさいですね。
サービスエリアは駐車場が大型m車と普通車が分かれて駐車できるところがあります。
また広いサービスエリアでは大型車と、普通車の駐車スペースが離れている場所があるので
なるべく離れている駐車スペースがあるところを選ぶと良いですね。

サービスエリアはみんなの物、他の方も入ってくるので気をつけて

さらに騒音の元はやはり近場を通る車の音なので
サービスエリアの建物の近くはみなさん車を止めたがるので避けたほうがいいですね。
車の通り道になりやすい個所も避けるとさらに良いです。

高速のレーンとバス、トラックなどの大型車を避けつつ、車の通り道になりにくい
サービスエリアの建物近くを避けた場所。
広いサービスエリアでしたらど真ん中に止めるのが良いかもしれませんね。
あまり広くないサービスエリアでしたら車が減速して進む場所をピックアップして止めましょう。

忘れてはいけない事、いかに日本が安全でもきちんと気をつけよう

あと、絶対に忘れてはいけないのは車の戸締りですね。
家と同じで車のドアロックはきちんと占めて中が見えないように
きちんとカーテンなどで仕切ってお休みしましょう。

ただ寝るだけでしたら騒音を気をつけてサービスエリアを選べばよいですが
快適に車中泊をするサービスエリアを選ぶのであれば

やはり温泉などお風呂の入れるサービスエリアがあるとさらにグッドですね。
お風呂があれば一日の汗もすっきり落としてさわやかな車中泊を過ごせます。

車中泊で有効活用!温泉つきのハイウェイオアシスを探してみる~東名編~
温泉の入れるサービス エリアで車中泊を楽しむ、期日限定で花火大会もある絶好の観光スポット

車中泊はどうしても怖いという方は、いっそ宿泊施設のあるサービスエリアを
選んじゃいましょう。最近のサービスエリアは観光目的も含めてアミューズメントの要素が非常に高い
サービスエリアがありますので、家族旅行でサービスエリアに行こう!なんて事も楽しいですよ。

サービスエリア内にバーベキュー場もあり、宿泊コテージあり、温泉有りな
アミューズメントスペースもバッチりありますのでぜひご利用してみてください。
あ、バーベキュー場は期間限定でしたね^^;

スポンサードリンク