クレジットカードを使って賢くお金を節約

車中泊の裏ワザ、ガソリン代を0円にするために一工夫をしてみましょう

車中泊の裏ワザというよりも生活の裏ワザと言うべきでしょうか?
車中泊をするためには道の駅に泊まったり、サービスエリアに泊まったり
オートキャンプ場に泊まったり、何をするにしてもまずかかるのはお金ですね。

お金は使えばなくなるのは当たり前で、楽しい車中泊をしたいのをモチベーションにして
頑張って働くことも必要ですよね。

お金の流出を防ぐためには、安いお店を探したり、サイトを見比べて安いお店を見つけたり
オークションで探して、フリマで探して・・・・・・・。
カーテン安く買えた~
マットが安く買えた~
色々な方法で節約を考えますが、どうしても必ず固定で支出していく物ありますよね。

あ、ちょっと車中泊からずれますが最後まで読んでいただければキットお役に立つ情報だと思うので
あきらめずに読んでくださいね^^;

話を戻します(笑)固定で出ていくもの、光熱費とか、通信費とか、固定資産税とか色々・・・他にもあるかな?
このお金はどうしても安くするにも限界があるし、必ずかかりますね。決して0円にはならない
永遠に付きまとう支出です。

実は、間接的に安くする方法があります。

ポイント還元です!・・・・ん?なんだと思う方もいるでしょうから次からお話ししていきます。

ポイント還元とは、有名なのは家電屋さんのポイント還元とかよく聞きませんか?
10%ポイント還元となると1万円の商品を買うと1000円分のポイントが付きますね。
次に1000円の買い物をするときにポイントの清算をすると、1000円分無料になる。

素晴らしいですね~・・・・ポイント万歳~
あ、車中泊の話はどこ行ったんじゃい!と思っている方、すみませんもうちょっとお付き合いくださいね。

光熱費とか、通信費とかの支払でポイント付かないかな~と考えてみると
残念、現状でこのよな制度は無いですね。
公共料金を支払う際にクレジット決済が出来る場合もありますが、全て出来るのではなく
一部の料金だけの場合がほとんど、調べてみてわかったんですがなかなかうまくいきませんでしたね。

ここで、視点をすこし変えてみましょう。
光熱費とか、通信費とか、固定資産税っていつもどこで払いますか?
私は光熱費が銀行引き落とし、通信費がカード決済、固定資産税がコンビニ支払又は銀行振り込みで行ってました。

通信費はカード決済なので多少のポイント還元がされてますが、お得感はないです
まぁ普通ですねこの場合は・・・・。でもさらに視点を変えるとこんなことが見えてきます。

全部「コンビニ」で支払出来るよね。
おっなんか見えてきましたね、あやしいキーワード「コンビニ」です。

では、更に視点を変えてコンビニで買い物をするとき何で払いますか?
現金だったり電子マネーだったり・・・・またまた来ました怪しいキーワード「電子マネー」

ちょっとまとめてみましょう!
光熱費とか、通信費とか、固定資産税はコンビニで支払が出来ます。
コンビニの支払いは電子マネーで行います。

う~ん・・・・確信に近づいてきたかな?
では、電子マネーのチャージってなにでしますか?
現金でチャージ、クレジットカードでチャージしたりしますね。

はい、確信の一歩手前です。もう少しですよ、真実は目の前です。

クレジットカードでチャージすると、クレジットカード自体にポイントはつきませんか?

そうですねここが工夫の確信であって

クレジットカードで電子マネーにチャージして電子マネーで公共料金、光熱費などの固定支出を払ってしまおう!!
そうすることによって間接的にクレジットカードにポイントが溜まっていくという事なんです。

この真実に気づいたとき、僕の体は震えました(ごめん少し大げさでした)

さて、では実際に今回僕が年間で支払った固定支出をクレジットカードで電子マネーチャージ経由で
幾ら手元に残ったか計算してみますね。

まず僕の家は一軒家です。固定資産は150000円/年間です。
通信費は家のネットと、携帯、スマホ家族分合わせて月額12000円です
あと、電気代も入れちゃいましょうか?1か月平均の電気代は約8000円です。

通信費は12000円× 12か月 = 144000円
電気代は8000円 × 12か月 = 96000円
固定資産税と合わせると、150000円 + 144000円 + 96000円 = 390000円

約40万円です。改めて見るとすごいですねこの金額^^;

普通にし払えばポイントはほとんど付きませんね。

ここで間違えてはいけないのはnanacoにクレジットからチャージするとポイントが付与されて
更にポイント還元率が高いカードが必須です。カードごとに条件が違うのでnanacoにチャージが出来てポイント還元率の高いカードを選びましょう。

車中泊を愛する皆さんにお勧めできるカード・・・・ズバリ!「リクルート カード プラス」です。
nanacoにポイント付きでチャージできてポイント還元率は驚きの2%!!
40万円の2%というと、8000円!!で、リクルートカードの神髄はポイントの還元先です。

リクルート カード プラスのポイントはpontaに変換できます。
そしてpontaは昭和シェル石油で使えます。

ふ~ようやく車中泊につながってきましたね。はいpontaでガソリン8000円分無料になります。
かなり遠くまで行けますね~

唯一の難点はリクルート カード プラスは年会費が2000円かかるという事
年会費を払わずに済ませるのでしたら、リクルートカードが年会費無料でポイント1.2%還元されますね。
リクルート カードはVISAとJCBがありますが、JCBがnanacoポイント対象なので気を付けてください。
間違えてVISAにすると大変後悔します。

まとめ
リクルート カード プラスでnanacoチャージで2%ポイント還元
リクルート カード(JCB)でnanacoチャージで1.2%ポイント還元

リクルート カード プラスはJCBのみ
リクルート カードはJCBとVISAがありnanacoチャージでポイントが付くのはJCBのみ

但し今回の試算のように30万円以上年間でカードを使う方にはリクルート カード プラスを作ることをお勧めしますね。
0.8%の還元率の差は大きいですよ^^;


2016年3月24日 追記
残念ながら改悪が行われました。
今後nanacoチャージに時にポイントが付与されないという事です。

スポンサードリンク