温泉の入れるサービス エリアで車中泊を楽しむ、期日限定で花火大会もある絶好の観光スポット

温泉の入れるサービス エリアは車中泊としても有効活用できます。
前回は東名高速でどのような温泉付きサービス エリアがあるか投稿しましたが

スポンサードリンク

今回は、中央高速道路で温泉付きのサービスエリアがあるか?というお話です。

ずばり中央高速も温泉付きのサービスエリアは諏訪湖サービス エリアがお勧めです。
上下線ともに温泉付きサービス エリアになりますが
不思議な事にそれぞれ入浴料が異なるのです。

とはいっても数十円の差なのでどちらを選んでもそんなに問題はないと思いますが、
あえて安いほうが良いのでしたら下り線の温泉をお使いください。
20円安いです(笑)

どうやら温泉施設を管理している自治体が異なるため料金が違うというお話です。

下りの温泉施設が20円安いのだけがお勧め点では無く
駐車スペースにも差があります。

上り線はトラックと小型車の駐車スペースが隣接していますが
下り線はトラックと駐車スペースが分離しているので騒音の点でも静かで良いですね。

サービス エリアの場所が諏訪湖の上空にあるので日中はサービス エリアから見える
諏訪湖が絶景です。
上下線のサービス エリアに高低差があるのでどちらからも諏訪湖がみえるのも
親切な設計でありがたいです。

さらに時期限定ですが、毎年8月15日に諏訪湖の花火大会があります。

第67回諏訪湖祭湖上花火大会のごあんない(平成27年度)

サービスエリアからもちろん見えますが、当日の交通網は渋滞が相当酷いです。

ここで出てくるのが車中泊です。

渋滞前に諏訪湖サービス エリアに到着して、そのまま温泉に入って車中泊しちゃいましょう。
渋滞知らずで当日花火大会を迎える事ができますね。

雨が降っても車の中にいれば濡れないで済みますので、駐車スペースも考慮しておくのが良いでしょう。
見晴らしの良い場所に車をとめておきましょう。

帰りの渋滞も解消されるまでサービス エリアに滞在して、また温泉に入って
渋滞解消されたてから帰ってくるのがよいでしょう。

車中泊を有効活用して渋滞知らずの小旅行気分が味わえますね。

スポンサードリンク