車中泊で有効活用!温泉つきのハイウェイオアシスを探してみる~東名編~

車中泊をするときに思うのはお風呂に入れなくて困ること、と思いのお方。
じつはそんなこと無いんですよ。各地に温泉は沢山あります。

スポンサードリンク

とくに最近は車中泊をターゲットにした温泉が付いたサービスエリアもありますので
気軽に温泉、そのまま車中泊なんて事も簡単に出来るんです。

サービスエリアで車中泊は、騒音と安全面から考えるとなかなかなおすすめです。

大きなサービスエリアはハイウエイオアシスと接続していています。

ハイウェイオアシスとは?

ハイウェイオアシスはサービスエリアやパーキングエリアと接続して
高速を降りることなく楽しめる施設の総称です。

ただ休憩するというだけでなくアミューズメントとしての楽しめる要素が
大きくなってきています。
目的地がサービスエリアという方も沢山いらっしゃるでしょう。
だてにハイウェイオアシスと名乗っているわけではありませんね。

道の駅という手もありますが、道の駅は一般道から気軽に寄れるので
やはり車中泊を目的として来る方も大勢いますね。
なにせ無料なので・・・・。

温泉に入れる道の駅もありますが有料道路という存在は、
治安・安全面という点で一役買っているのではないでしょうか?
目的意識が無い限り、意味無く高速道路を使うことは無いでしょうし。

僕も車中泊をするときにちょうど良いサービスエリアと道の駅があったら
サービスエリアを選択します。
たとえ高速道路に乗っていなくても最寄のインターチェンジからのって
サービスエリアによって車中泊をします。
で、翌日にはサービスエリアを出て最寄のインターチェンジで降りる
一区間の料金で安全が得られるなら安いと思いますよ。

これで温泉があれば最強ではありませんか?サービスエリアだけではもったいないですね
まさにハイウェイオアシスです。

そんな、サービスエリアという名のハイウェイオアシスあるのかな?

あるんです、はい!

各高速道路に有名なハイウェイオアシスはありますが
東名高速道路にある有名なハイウェイオアシスは足柄SAです。

一時足柄SA下りではめちゃイケサービスエリアもあって
めちゃイケとコラボしていましたね。

僕も三ちゃんに合いに足利サービスエリアに行ったことあります。

そのときは気づかなかったのですが、足利サービスエリア上下線ともに温泉施設が併設してあるんです。
しまった~入ればよかったな~と後悔しても後の祭り。
次の機会には絶対に入りたい代物です。

ちなみに料金と営業時間は
【上り:金時湯】 12:00~翌10:00 大人630円(子供315円)利用3時間、以降1時間毎に210円(小人105円)深夜2時以降は別途1000円
【下り:足柄浪漫館 あしがら湯】 10:00~翌8:00 大人630円(315円)利用3時間以内
になっています。

3時間以上入ることも無いでしょうから、基本料金で十分入れます。
温泉に入ってポカポカ気分で車中泊すれば気分も爽快、疲れも飛ぶこと間違いなしですね。

さらに、足利サービスエリアの凄いところはWi-Fiサービスが24時間無料で使えるという事。
これはスマートフォン依存の高い僕には素敵なサービスです。

ぜひ、足利サービスエリアを利用して楽しい車中泊を。

スポンサードリンク